【夏の結婚式のマナー】場所は?服装は?夏だからこそ必要な結婚式のマナーなどをご紹介

多いからこそ覚えておきたい夏の結婚式の知識

人生の中でも特に重要で大切なイベントである結婚式。そんな結婚式という特殊な場には様々なマナーやルールがあるため、それをしっかり守って大切な式をぶち壊しにしないように気を付けておきたいものですよね。

特に結婚式はジューンプライドと呼ばれる6月と7月から行われる結婚式のことを指す「夏の結婚式」によって非常にその回数が増えてきています。

そんな暑い夏の時期だからこそ覚えておきたいマナーというのも存在しています。今回はそんな夏の結婚式についての情報をご紹介いたします。

「夏の結婚式」のメリット・デメリット

家族行事が少ないので友人を呼びやすい


夏の結婚式、特に7月は祝日も少なく家族で行わなくてはならない行事が少ないため非常に友人を呼びやすいのです。例えば5月であればゴールデンウィークがありますし、8月にはお盆が、11月や12月の年末は仕事が忙しくなりがちですので家族行事すら行うのも難しいものです。

こういった時期に結婚式を合わせてしまうと中には忙しい時期なのに……と迷惑がる人も居ます。その点7月は案外予定が空きやすいのでこの時期に夏の結婚式を挙げると迷惑がられることもなく、多くの友人から結婚を祝福してもらえるのです。

緑や海に囲まれた素晴らしい風景の中で結婚式を挙げられる


夏と言えば緑が青々と生い茂り、海も鮮やかな色となる季節です。そんな豊かな自然の中で結婚式を挙げれば、夏ならではの空気を肌で感じることができ、参列した方にも良い思い出としていつまでも記憶に残り続けてくれます。

また、結婚式の思い出として残り続けるものと言えば写真ですよね。せっかく写真を撮るのであれば風景も綺麗に写したいもの。自然の風景を取るのであれば断然冬よりも夏の方がコントラストも鮮やかで美しい写真が撮影出来ます。そういった理由も夏の結婚式が増えてきている要因の一つとなっています。

フォーマルな衣装は夏の結婚式には暑すぎる


夏は当然ながら気温が非常に高くなる季節です。7月は真夏ではないとはいえ、十分暑いと感じる気温になる日が多い時期ですよね。そういった時に行う夏の結婚式であれど、カジュアルな衣装は結婚式ではあまり良くありません。

女性はまだドレスやノースリーブの衣装がありますのでマシかもしれませんが、男性はタキシードにワイシャツを着るのが正装ですので特に暑さが厳しくなってきます。そういった理由夏の結婚式は参列者に迷惑を掛けてしまう可能性があることを考慮しておきましょう。

夏の結婚式で着たい服装

スーツを脱ぎたいならベストを着ていくのが吉


結婚式というフォーマルな場とは言え、近年ではクールビズの考え方からスーツの上着を持っていかなくても良いのでは?と考えている方も多いようです。ですが、結婚式のような公の場では基本的に上着を着ているのがマナーとなっているので、必ず持っていかなくてはなりません。

とはいえ、ずっと暑い中スーツを着ていたら熱中症になって結婚のお祝いどころでは無くなってしまう可能性もあります。どうしても上着を脱ぎたいのであればベストを着用し、上着を着なくてはならない場面以外は常にベスト状態でいればマナー的にも問題ありませんので覚えておきましょう。

涼しい色の服を着る


夏は自分だけでなく誰もが暑いと思っている季節です。もし真夏の街中で真っ黒な服の人を見かけたらあなたも暑苦しい人が居るなぁと思いますよね?それは他の方も同じです。 夏の結婚式の場合も同じで暗い色の服装で言ったら周りの人に暑苦しい印象を与えてしまいますし、何より自分も暑くてしょうがありませんよね。

そういったことを防ぐためにも涼しい印象がある爽やかなブルーやグリーンのスーツを夏の結婚式に着ていくのも良いでしょう。

派手すぎる色や履きつぶした靴はNG

夏の結婚式に涼しげな衣装を着ていくのは問題ありませんが、あまりにも派手すぎる色の服装は良くありません。特に明るいピンクや黄色などの色は良くありません。また、靴は目立たないようで意外と見られています。履きつぶした靴は相手の印象も悪くなるので履いて行かないようにしてください。

結婚式ファッションでお困り!?服装の悩みを解決!

夏の結婚式に着物はアリ? 夏でも着物を着ていくのはOK

夏の結婚式に参加する女性の中にはどうしても着物を着ていきたいと言う方も居るでしょう。夏に着物なんて……と思われがちですが結婚式の服装のマナーさえ守れていれば夏の結婚式に着物を着ていっても問題はありません。

冬用ではなく夏用の着物を選ぶ


着物にも冬用のものと夏用のものがあります。夏用の着物は絽(ろ)という素材で作られているので、必ず素材を確認して間違えないようにしましょう。また、あまりにも暑いと思ったら着物の下に着る長襦袢は薄いものを着用してください。

開放的な夏でもマナーをしっかり守ろう

以上、夏の結婚式についてご紹介してまいりました。シーズンから外れた時期だからこそ夏の結婚式のマナーは覚えておきたいものです。正しい服装やマナーを身に着けて、盛大に結婚式を盛り上げてくださいね♪

投稿者: mari

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です