【ツンデレ女子と猫系女子】意外とかんたん?自由気ままな彼女たちを攻略する6つのポイント

ツンデレ女を攻略しよう!

ツンデレ女とか猫系女子のことについてご存じですか?このツンデレ女の特徴として、好きな男性でも彼氏だとしても、普段はツンツンしているのに、何かのきっかけ、あるいはふたりきりになったらデレデレするような女性なのです。男性としてはコロコロ変わるその態度や言動に振り回されてしまうこともありますが、デレデレした時のギャップにやられてしまう人も少なくありません。

筆者はツンデレ女や猫系女子のことについて把握しています。だからこそ攻略法もマスターしているのです。ツンデレ女や猫系女子の特徴についてご紹介いたします。これであなたもツンデレ女を攻略できるかも!

ツンデレ女にはこんな特徴が 恥ずかしくて素直になれない

ツンデレ女は普段、ツンツンしていても実はかまってちゃんが多いのです。ただそんな自分の気持ちを素直に出すことができません。本心を出すのがとても恥ずかしいのです。しかし奥底には、好きな人に対しての愛情はとても深いのが特徴と言えるでしょう。

しかし口に出そうとしても顔が真っ赤になってしまって、うまく言葉にできません。そして余計に恥ずかしくなってツンツンしてしまうというわけです。

気になる男がモテるとヤキモチを焼く

ツンデレ女はツンツンしていても実はとってもやきもち焼き。自分が好きな男性、あるいは彼氏が他の女性と話をしていますよね。表面的にはツーンとしていても、内面ではかなり葛藤をしているのです。その女性との関係性を知りたくもなりますし、付き合ってしまうのではないかと不安で不安でたまりません。しかし表に出せないので我慢してしまうのです。

もしツンデレ女と恋人同士でしたらもう大変。 いつもと雰囲気が違うので聞いても「知らない!」という感じでとても怒っているわけです。彼氏としては意味が分かりません。しかしそれがツンデレ女の愛情深い一面とも言えるでしょう。

ツンツン後のデレデレが可愛すぎる

ツンデレ女と付き合っている男性が一番可愛いと思えるのが、そのデレデレした時の表情でしょう。普段、誰かと一緒にいる時や、外にいる時はまず、デレデレした表情を見せません。しかしふたりきりになった時、急に甘えて来たりしてとてもデレッとした笑顔を見せる時があるのです。普段、なかなかデレデレとした笑顔を見たことがない男性としては、そこでハートをつかまれてしまうわけです。

ある意味、本当の笑顔を見せられるのは特別な相手だけ。そんな所に、ツンデレ女の可愛らしさがあると言えるでしょう。

ツンデレ系猫系女子は自由気まま

ツンデレ女の中には猫系女子と言われる女性もいます。普段はツンツンしているけれど、ふたりきりになったりするとデレデレして来るのがツンデレ女ですよね。いわゆる素直に自分の気持ちを出せないのですが、猫系女子と言われる女性もこのツンデレと言えるでしょう。

ただし、ツンデレ女よりも猫系女子のほうがたくさんの特徴を持っているのです。例えば恋愛だけではなく、日常でも好奇心に駆られて妙に行動的だったり積極的だったりするのに、急にクールな表情を見せたり。その自由奔放さが特徴として挙げられるでしょう。

ツンデレ系や猫系女子の効果的な落とし方

1.ツンデレの部分が魅力だと評価しましょう

ツンデレ女子や猫系女子は普段ツンツンしていても、きちんと女の子というのは忘れないようにしましょう。ツンツンしているのは照れ隠しなだけです。どんなにツンツンして警戒していても、可愛いとかキレイと褒められて嫌な気分になる女性は少ないでしょう。

だからこそツンツン、デレデレしている所もすべて含めて可愛いと評価をしてあげてください。ツンデレや猫系女子は自分のことをきちんと見てくれて評価してくれる男性を魅力的に思うでしょう。

2.警戒心を解くためにまずは自分のことを伝えて

相手のことばかり知ろうと質問攻めをして、自分のこととなると秘密主義。そんな人は警戒されるだけで、距離を置かれるだけです。ツンデレ女子や猫系女子だって同じです。だからこそあなたも自分自身のことを教えてあげてください。

ツンデレ女子など、一度信頼した相手に対しては愛情深く接してくれます。そのためには信頼できる人間にならなければなりません。自分のいい面だけではなく、苦手な面、悪い面もすべて含めて伝えましょう。

人間は隠し事をしない人に対して安心して好意を持つものなのですから。

3.ツンデれな女の子の攻略は焦らず慎重に

ツンデレ女子も猫系女子も一気に詰め寄られると距離を置くだけです。相手の都合などおかまいなし。土足で心を踏み荒らすような人は、それに新鮮さを感じる女性ならいいかもしれませんが、多くの場合、嫌がられるだけです。いわゆるデリカシーのない人として嫌われるでしょう。特にツンデレ女子や猫系女子は繊細な一面を持っています。

そうでなければ自分の気持ちを悟られまいと、ツンツンなんてしないですよね。 特にツンデレ女子は心を閉じている人も少なくありません。それを無理やりこじあけようとしても「うざい!」と言われて全拒否されてしまうことも。二度と近づいてはくれないでしょう。

ツンデレ女子も猫系女子も近づく時は、ゆっくりが一番です。相手の様子などを見て、徐々に近づいていきましょう。ツンデレ女子や猫系女子に対してもきちんと相手の気持ちを考えることが、仲良くなる第一歩なのです。

4.話すことがなくても状況を楽しむ余裕を

猫系女子やツンデレ女子と会話をしていると、途中で何もない沈黙の時も来るはずです。恋愛になれていない男性はそこで焦ってしまいます。相手を楽しませなければならない、笑わせなければならないという気持ちが全面に出ている人はそれで、パニックになることも。たったそれだけのことで「もう相手にされない」なんて思ってしまう人も少なくありません。

でも気にしないでください。 考えてみましょう。相手を楽しませることで好意を持ってもらうことはできます。だからといってずっと喋り続けるとしんどいものですよね。沈黙してもあまり気にしないようにしましょう。逆に沈黙を楽しんでみるのもいいかもしれません。

相手はこの沈黙で何を思っているのだろうと、考えを巡らせてみるのも楽しいものですよ。

5.からかいすぎると怒るのでほどほどに

ツンデレ女子も猫系女子も繊細な心の持ち主です。しかしデレデレした時のギャップにやられる男性は多いですよね。しかしこのデレデレした部分を「おまえ、いつもツンツンしてるのにねー」などとちょっとからかうぐらいならいいのですが、それがしつこくなると、ツンデレ女子も猫系女子もイライラする場合もあるので気をつけましょう。

「もっとデレデレしろよ。いつも般若みたいな顔してんだからさ」「なにそれ」「ほら、今度は鬼瓦に。ほらソフトにさ」「やめてよ」「あぁまた鬼が出て来た」「しつこい。いい加減にしてよ」 ツンデレ女子も猫系女子もあまりにからかわれると、せっかく見せたデレを馬鹿にされたような気がしてくるものです。

そうなると「この人はわたしをぜったい馬鹿にしている」と感じてしまうことも。ツンデレ女子や猫系女子が冷めた時はかなり態度が冷たくなります。そうならないように、からかいすぎは注意しましょう。

6.猫系女子は束縛されるのが大嫌い

ツンデレ女子より猫系に言えるかもしれませんが、頻繁な連絡が苦手という女性が多いです。いつも連絡していないと落ち着かないという男性と猫系女子は相性がいいとは言えません。猫系女子は束縛を嫌うタイプが多いからです。そのため毎日の連絡を強要すると「もっと自由がいい!」と我慢の限界が来て人間関係が破綻するケースも少なくありません。ただし時に猫系女子は甘えてくる時もあります。

連絡をしてもらえないと怒るようなワガママさを持っているのです。これは甘えられていると思って多めに見たほうがいいでしょう。

傷ついた時はきちんと伝えて分かってもらいましょう 黙っておくと我慢するしかなくなる


ツンデレ女子も猫系女子もツンツンしている時は「本当に俺のこと好きなのかな」と不安になるほど冷たくなります。もしそれで傷ついた時は正直に言っても良いでしょう。かなりきつい言葉で傷ついたなら「そんなことを言われるとさすがに傷つくわ」と伝えて下さい。

そして誠実に自分の気持ちを伝えましょう。ツンデレ女子も猫系女子も、ツンツンしている時はあなたに甘えている時なのです。悪意がないからこそ、つい言いすぎてしまうこともあります。あなたは攻撃されるために付き合っているわけじゃないと相手に伝えてください。

基本的に優しい女性も多いですから、「ちょっと言い過ぎた」と反省してくれるでしょう。

投稿者: mari

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です