【フリーター】結婚はむしろ生活レベルが上がる可能性が!彼女の理解と年収がカギ

フリーターは結婚できる?悩める男性たちへ

フリーターにとって最も気になる内容なのが「フリーターでも結婚できるの?」という疑問。定職についていないことがコンプレックスである男性も少なくありません。そんな男性でも結婚できるのか、結婚後にはどんな生活が待っているのか、注意すべき点は何かなどについて徹底解説していきます。

フリーターと正社員。大きく違うのは社会的保障

まずは、フリーターと正社員の違いについて解説していきます。結婚に踏み切る前にきちんと確認しておきましょう。

生涯賃金が違う

フリーターと正社員ではそもそも生涯賃金が違います。毎月の給料の他にボーナスや何かしらの手当などが付くため、フリータよりもはるかに多くの収入を得ているのです。たとえ毎月正社員と同じ給料をもらっていても、ボーナスが無いフリーターでは生涯賃金が低いのも当然ですよね。

フリーターは保険と年金の負担が大きい

正社員であれば、保険も年金も会社に半分負担してもらっているため負担があまり大きくありません。そのため全部個人で支払いをしなくてはいけないフリーターにとっては保険と年金の負担が大きくなってしまうのです。

正社員は失業の可能性が低い

正社員は基本的に失業する可能性が低いので、結婚後も安定していられると言われています。フリーターは首になりやすい傾向にあるので、結婚を考えているのであれば注意が必要かもしれませんね。

正社員はローンが組みやすい

車や家など、高い買い物をしたときにはローンを組む人が少なくありません。しかし残念ながらフリーターではローンが組みにくいのに対し、正社員は比較的ローンが組みやすい傾向にあります。 フリーターが続くと転職しにくくなる

フリーター歴が長くなっていくと、いざ転職しようとしたときになかなか採用されないという落とし穴も存在します。「いつか正社員になる」と考えているのであれば早めの行動が大切になってくるかもしれません。

フリーターで結婚する時の年収の目安は?

ここからは、フリーターが結婚する際の年収の目安について解説していきます。結婚を考えているフリーターの男性はぜひ一つの目安として、自分の収入と照らし合わせながら読んでいってくださいね。

年収300万が一つの目安

まず、フリーターが結婚する際には年収300万が一つの目安であると言われています。夫婦二人であれば300万で生活することは可能ですし、なにより共働きであれば十分な世帯収入にもなりますよね。

年収200万同士が結婚すれば世帯年収は400万に

たとえ年収200万しか得ていないという場合であっても、年収200万円同士が結婚すれば世帯収入は400万になります。たとえ収入が低くても、世帯収入が上がるので、必然的に生活水準もアップしますよね。キツイ節約をしなくても十分生活していけるレベルなのではないでしょうか。

結婚すると国からの援助がある

結婚をすることで国から援助があることもあります。生活に困っても単身では受けられない援助は多いのですが、結婚して家族を持つことによって様々な援助が受けられるようになるのです。万が一のことを考えると、こうしたメリットがあるのは嬉しいですね。

結婚はやっぱり性格が大事!

結婚というと、家族を養っていくために性格が大事である考える女性も少なくありません。結局のところ、もとは他人同士だった二人が一緒になるのですから、お金だけが豊富であってもどうにもならないことが出てくるのです。

長く円満でいるためには、やっぱりお互いの性格が大切なのではないでしょうか。

経済力より性格を重視する女性も多い

意外にも最近の女性は経済力よりも性格を重視する人が増えてきています。もともと女性に経済力があったり、自立している人が多いので、あまり男性に収入を求めないのだそう。フリーターの男性にとっては非常に嬉しい展開ですね。

結婚後の税金の支払いはどうなる?

気になるのは「結婚後」の税金ではないでしょうか?今後の支払いがどうなるのか……お金の問題はやっぱりちょっと気になりますよね。人には聞けないリアルな税金事情についてJOOYが分かりやすく解説していきます。

所得税の支払いは年間所得が103万円以上〈×2人分〉

所得税の支払いは年間所得が103万以上からと言われています。これは一人当たり103万以上なので、二人とも103万以下であれば実は支払う必要がありません。世帯収入は上がりますが、一人あたり103万以下であれば問題はないのです。

住民税の支払いは年間所得が100万円前後〈×2人分〉

細かいルールは地域によって異なりますが、住民税の支払いは大体年間所得が100万前後に到達したときと言われています。二人の収入が100万前後である場合には住民税の支払い義務が発生し、きちんと納めなくてはいけません。

国民年金はそれぞれに納付書が送られてくる

国民年金はそれぞれに納付書が送られてきて支払うことになります。注意しなくてはいけないのは、国民年金というのは無収入であっても支払い義務があるということ。そのため税金のように「○万円以上」という設定はなく、誰もが納付書通りの金額を支払わなくてはいけないのです。

国民健康保険は世帯主宛に一括で請求される

国民健康保険は、基本的に年金とは違って世帯主に一括で請求されます。家族人数や収入によって請求額は大きく変わりるので一概に金額は言えませんが、きちんと支払わなくてはならないものなので、納付書に記載された金額を忘れずに支払うようにしましょう。

フリーターで結婚するリスクを知る

フリーターでの結婚は実際には可能です。しかし、それなりにリスクがあるということを考えなくてはいけませn。ここからはそんな「フリーターの結婚」によるリスクについて紹介していきます。結婚を検討している男性はきちんとリスクを知ってからよく彼女と話し合って決めるようにしましょう。

子供が欲しいなら

子どもが欲しい場合。もし子どもができたら、あなたは大黒柱として一家を支えなくてはいけません。万が一バイト先をクビになったりしたら子供は食べていけなくなってしまいますし、満足に洋服を買ったり教育をさせてあげることができなくなってしまうのです。

病気になったら

もし病気になったらどうしますか?フリーターは基本的に年収が低く、貯金も少ない傾向にあります。そのため大きな病気にかかり、高額な治療費がかかる場合には支払えない可能性が出てきます。

さらに、正社員とは違って手当なども出ないので、病気になったら全く収入がない状態にも陥ってしまうのです。

結婚相談所はフリーターは登録できない場合も

実は結婚相談所によってはフリーターをお断りしている相談所も存在します。詳しく迫っていきましょう。

定職に就いていることが前提

やはり、フリーターのイメージはあまり良くなく、結婚でも不利なケースがほとんど。そのため結婚相談所によっては ・正規社員限定 ・フリーター・無職お断り ・政治社員・自営業者のみ などと決めている事務所も存在します。

男性は登録料が高い

そもそも男性は登録料自体も高い傾向にあるので、収入の少ないフリーターからしたらちょっぴり支払いがキツイのがデメリット。フリーターの場合は結婚相談所以外で出会いを探したほうがいいかもしれませんね。

突っ走らないで!理想と現実を彼女と共有


大好きな彼女との結婚は夢が溢れていますが、まずはきちんと理想と現実を理解し、話し合ってから結婚に踏み切るようにしましょうね。

投稿者: mari

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です