【ふくさの包み方】結婚式への参加に身につけておきたいふくさマナー

ご祝儀袋はふくさで包んで結婚式に参加しましょう

皆さん、結婚式への参列の際、ご祝儀はどのように持って行っていますか?まさか「ご祝儀袋を買ったときの袋に入れたまま…」なんて失礼なことはないですよね? もし「何もしてなかった…」という方がいらっしゃるのでしたら必見です!

ふくさに包んで先方にも、渡すご祝儀にも敬意をもった心遣いをして、二人の晴れの門出を目一杯お祝いできる人になりましょう!

ふくさの基本的な知識 ふくさとは何?

お祝い事の結婚式や、お悔やみ事のお葬式などで金品を包むための布のことです。現在はご祝儀袋や不祝儀袋を包むのが一般的ですね。特に結婚式のご祝儀袋の水引は豪華で細やかなものも多いため、崩れや汚れや折れ曲がりからも守ってくれる実用面もありますが、そのように大切に持っていってお渡しすることで心からの祝福を伝えることにもつながります。

ささやかな心遣いから喜びを表現できる美点があるわけですね。

ふくさの種類は色々あります

ふくさの種類は大まかに3種類あります。1つ目が金封タイプのふくさ(袱紗)、2つ目が台・爪付きタイプのふくさ、3つ目が小さい風呂敷のようなタイプのふくさ(帛紗)です。 ふくさの色にも意味があります 慶事用(お祝い事)には、赤や橙・桃色や金といった明るい色や暖色系の色を選びましょう。

反対に、弔事用(お悔やみ事)には、紺や緑、灰といった寒色系の鈍い色合いの物を選びましょう。

また男女とも紫色のふくさは慶弔どちらにも使うことができるため準備しておくと慌てずに済むかと思いますよ。

ふくさを使ったご祝儀袋の包み方と渡し方 ふくさの包み方|金封タイプ


結婚式などの慶事には右開きにします。左手に持って右手で開きます。 反対に、お葬式などの弔事には左開きになります。

ふくさの包み方|台・爪付きタイプと小風呂敷タイプ


慶事(結婚式)の場合は

  • 1.四隅が十字に来るようにふくさを広げます。(爪がある場合は爪が右にくるように広げる)
  • 2.中心よりやや左寄りにご祝儀袋を置きます。
  • 3.左から上、下、右の順に折りたたみます。
  • 4.最後に折りたたんだ右側の余分な布を後ろに折りたためば完成です。

余談ですが、弔事の場合は逆になりますのでご注意ください。

  • 1.四隅が十字に来るようにふくさを広げます。(爪がある場合は爪が左にくるように広げる)
  • 2.中心よりやや右寄りに不祝儀袋を置きます。
  • 3.右から下、上、左の順に折りたたみます。
  • 4.最後に折りたたんだ左側の余分な布を後ろに折りたためば完成です。

爪のあるものは最後に爪をひっかけてください。爪のある方が裏になりますのでお気を付けくださいね。

結婚式でのご祝儀袋の渡し方

まず左の手のひらに置いて右手でふくさを開き、ご祝儀袋を取り出します。受け取る側から見てご祝儀袋が正面にくるように時計回りにまわして向きを変えます。ふくさを台の上に置いてからご祝儀袋を両手で持ち、お祝いの言葉を添えて渡します。

ふくさに関するお悩み解消!

慶弔兼用できる紫色のふくさを持っておこう


先ほども少しご紹介しましたが、紫色のふくさは、お祝い事にもお悔やみ事のどちらにも兼用できます。紫色は古くから高貴な色とされています。結婚式は嬉しいもの、お葬式は悲しいものであるのは当然ですが、結婚式は晴れの門出を祝う式、お葬式も死者が仏に生まれに往く式とするのなら敬意を払うために紫色を使うと捉えると良いのではないでしょうか。

ハンカチをふくさの代わりに使っていいの?

ふくさの意味合いは、ご説明した通り水引を崩さずに汚れや崩れを付けない実用面と、そういった配慮による心遣いの表現であります。ハンカチも帛紗と同じように包めば十分同じ意味合いになるのではないでしょうか。包み方は台・爪付きタイプと同じように包んでくださいね。

ただし、アイロンをかけて、色味・柄はきちんと選んで使いましょう。

急に必要になった!購入はどこにいけばいい?

百貨店や大手スーパー、紳士服店の礼服を取り扱うコーナーや、文具を取り扱う書店、100均にも置いてあるようです。間に合わないと慌てる前に下調べやお店への電話確認をしてからの方が無駄はなさそうですね。ですが「必要になってからでいいや」と先延ばしにはせずに、気が付いたら揃えておくと当日に慌てなくて済むかと思います。

マナーを身につけて晴れの門出をお祝いしましょう!

結婚式へ行くときに身なりを整えてから、お祝いの言葉を述べるのがマナーであるように、ご祝儀を渡すにもそれ相応のマナーがあります。せっかくの心からお祝いを最大限伝えるためにも「ご祝儀袋はふくさで包んでから。」という心遣いを添えてはいかがでしょうか。

投稿者: mari

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です