【イケメンなのにもてない理由】外見だけが全てじゃない!女性がNGと判断するポイント

イケメンなのにもてない理由ってなんだ

イケメンなのにもてない男性って、きっと読者の皆さんの周りにも1人はいるはずです。男から見てもイケメンなのに、なぜかもてない。浮いた話も無ければ、周囲の女子からキャーキャー言われている様子もない。

そんな「イケメンなのになぜかもてない男性」について、女子目線でその理由を解説します!

イケメンなのにもてない理由①コミュ障

見た目はかっこよくても会話が盛り上がらないのはきつい

イケメンなのにもてない理由その1は、その男性自身が「コミュ障」だからと言う理由。見た目はとにかくかっこいいイケメンだったとしても、人とのコミュニケーションが苦手でなかなか話が盛り上がらない男性との会話は結構きついものがあります。

もちろんイケメンのかっこよさで「寡黙でクール」なんて補正がかかってもてる場合もありますが、コミュニケーションが苦手な男性ってその「苦手」と言う気持ちが顔や全身に表れてしまいがちなんですよね。

そうなると会話するのも気が引けて、周囲から女の子たちが離れて行ってしまう結果になるんです。

目の保養にはなっても仲良くなるのは難しい

イケメンの男性であれば女性からすると「見ているだけで充分」なんて目の保養扱いされてしまうことも良くあるケースです。

確かに会話が上手く成り立たなくても、見ていてドキドキさせられるくらいのイケメンであれば、遠くから見ている方が気持ち的にも盛り上がりますよね。 相手がコミュ障だとわかれば、仲良くなることを諦めて距離を取ってしまう女性は結構多いんですよ。

イケメン自身が人と関わることに消極的で気にしていないことも多い

イケメン自身がコミュ障を理由に消極的になってしまっていることも充分に考えられます。つまり、イケメンなのにもてない大きな理由は彼自身がもてたいと言う意識がなく、人との間に距離を取ってしまっていると言うことが問題だったんです。

イケメンなのにもてない理由②無神経

デリカシーのない発言を平気でする

イケメンなのにもてない理由その2は、デリカシーの無い発言を平気でするような無神経な男性と言うケースです。イケメン男性であれば、ある程度見た目で女性を周りに集めることは可能でしょう。けれども問題はそこから!

寄ってきた女性に対して相手が傷つくことや気にしていることを平気で口にしたり、みんなの前で言われたくないようなことを指摘したり。そんな風に上から目線で女性のデリケートな部分にずかずかと踏み込んでしまう無神経なタイプの男性は、いくらイケメンだったとしても嫌われるのが当たり前です。

女性が傷ついても何が原因かすらわかってない

しかもこのタイプの男性は女性が傷ついたり悲しんだりしている様子を見ても、何が原因か理解していないと言う場合が多いんです。デリカシーの無い発言で女性を傷つけたうえに、その発言のどこに相手が傷ついたのかわからない。自分が悪いと思ってすらいないケースもあります。

こんな男性なら、イケメンでももてないと言うのは何も不思議ではありませんよね。

見た目はよくても女性は敬遠するタイプ

見た目のかっこよさは、やっぱりモテの度合いに比例します。なのでイケメンだからと言う理由でもてる男性は世の中に大勢いますよね。けれどもやっぱり外見に中身が伴っていないと女性からは敬遠されてしまって、もてないイケメンが完成すると言う訳です。

イケメンなのにもてない理由③ギャップ

イケメンはそれだけで女性の好感度が高い

イケメンなのにもてない理由その3は、ギャップでマイナスされる度合いが大きくなりがちだと言うこと。イケメン男性は、外見がカッコいいと言うだけで初対面から好感度を高く持たれる場合が多いですよね。やっぱり外見で得をしているイケメン男性は多いと思うんです。

悪い意味でのギャップが見えると減点される

けれどもイケメンだからと言う理由で上がった好感度は、ちょっと嫌な部分が見えてしまうだけでギャップを強く感じて大きく減点されてしまいます。フツメン男性であればそこまで好感度が下がらないであろう点でも、イケメン男性だとそのギャップで好感度がグッと下がってしまうと言う訳です。

例えばイケメンなのに食事の仕方が汚かったり、イケメンなのに清潔感の無い行動を取ったり。「イケメンなのに」と言う前置きが付いてしまう時点で、そのギャップの与える印象が強いことがわかりますね。

外見の良さが普段の生活態度の悪さを際立たせてしまうことも

外見が良いイケメン男性だからこそ、生活態度の悪さを際立たせてしまうと言うケースもありますね。例えば「家事が苦手でだらしない」男性がいたとして、普通の男性なら「男なんてそんなもの」と思う人が多いです。

けれども相手がイケメン男性だと「イケメンなのに家事ができないの残念」となってしまう可能性が高いと言うことになります。

このような理由で、イケメンなのにもてない男性ができあがるパターンもあるんですね。反対にフツメン男性であればちょっとしたことで好感度が上がりやすいので、イケメン男性よりも実はもてやすいと言う意見も多いんですよ。

イケメンなのにもてない理由④チャラい

チャラそうに見えても真面目な面があるともてる

イケメンなのにもてない理由その4は、チャらいと言う理由。もしも外見がチャラそうに見えて中身が真面目と言うギャップを持ったイケメン男性であれば、これは間違いなくもてます。イケメンでなくてももてるかもしれません。

ただただチャラいイケメンは遊び人の印象を与える

ただし外見がチャラそうなイケメンで中身もチャらいイケメンは、ただの遊び人と言う印象を与えてしまいがちなんです。遊び人の印象が付いてしまうと、いくらイケメンだったとしてもなかなかもてることは難しくなります。

もちろん遊び目的の女性からはもてるかもしれませんが、本気の女性とはなかなか出会いづらくなってしまいますね。 真剣に付き合う相手じゃないな、と思われることも 外見も中身もチャらいイケメン男性は、「やっぱりイケメンは遊んでるんだね」と思われてしまって本気の恋愛からどんどん遠ざかってしまう傾向にあります。

やっぱり真剣に付き合う相手として、チャらい男性を選ぶ女性は少ないですし、信用を得ることも難しくなります。

女性は一度NGと思うとなかなか受け入れない

人としてNGな人は外見問わずNO!

女性は一度でも「NG」と認定してしまった相手に対して、なかなか受け入れることができないと言う感性を持っている人が多いです。なので、人として「この人はNGだな」と思われてしまうと、外見を問わずにもうそういう対象としては見られなくなってしまうんです。

フツメンなら気にならないこともある

上記に挙げてきた「イケメンなのにもてない」理由をフツメン男性に当てはめてみると、実はそこまで幻滅するほどの話ではないと感じる人も多いと思います。これはフツメンに対する初期の期待値がそこまで高くは無いからが大きな理由です。

イケメンだからこそ幻滅してNGになることが多い

つまり「イケメンなのにもてない」男性と言うのは、イケメンだからこそ幻滅されやすいと言う理由でもてない状態に陥っている可能性が高いと言う訳なんです。そう考えると、イケメン男性も得なことばかりではないのかも……と考えてしまいますね。

イケメンがコンプレックスになっている男性もいる

イケメンというだけでパーフェクトな人と思われる

イケメン男性の中には「イケメン」と言われること自体ががコンプレックスになっている男性も実は多くいるんです。イケメンと言うだけで何となく「パーフェクトな人」「何でもできそう」と言うイメージを抱かれてしまって、何かできないことがあると勝手に幻滅されたりする。

これはイケメン男性にしかわからないプレッシャーですが、やっぱり「パーフェクト」を外見だけが理由で求められてしまうのは辛いものがありますよね。 失敗すると「いいのは顔だけだね~」なんて皮肉も… イケメン男性が意図せずして何か失敗してしまった時や、苦手な分野が見つかった時「良いのは顔だけ」なんて皮肉を言われるケースもあるようです。

これはかなり辛いイケメンあるあるで、筆者のイケメン友人もこの経験があると言っていました。 勝手なイメージでイケメン像を作り上げて、それができなかったら勝手に幻滅する。これは確かにコンプレックスに感じてもおかしくないですよね。

「イケメン=もてる」の図式も正直うんざり

「イケメン=もてる」そう感じている人は男女関わらずに多いですが、その図式に正直うんざりと感じているイケメン男性もかなりの割合いるようです。確かにイケメンを見ると「モテるでしょ」と言ってしまいがちですが、お話ししてきたとおり「もてないイケメン」が存在するのも事実。

このイケメンと見ればもてると言う印象を抱かれる図式に、イケメン男性自身がうんざりしてしまっていると言うのも一理ありますよね。それが理由で「イケメン」と言われることにコンプレックスを抱くようになった男性と言うのも少なくないと思われます。

イケメンにはイケメンの苦悩がある


イケメンと一口に言っても「もてるイケメン」と「もてないイケメン」で大きな違いがあったり、イケメンにしかわからない苦悩と言うのは実は多くあるものなんです。外見がイケメンだからと言ってモテモテの人生を送っているかと言うと、そうではないケースもたくさんあります。

イケメンと言う外見だけで、相手のことを決めつけるような発言や「なんでイケメンなのにもてないの?」なんて質問は気づかぬうちに相手を傷つけてしまっているかも。「イケメンだから」「イケメンなのに」と言う言葉は、男性なら控えた方が良い場面もあると言うことを覚えておきたいですね。

投稿者: mari

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です